ブログ

アーカイブ:

2 / 212

【地域の産物を生かした地ビール】

2017/10/11 ブログ

皆様こんにちは!HIDOの木村です。

本日は北海道の東部、北緯44度。オホーツクを臨む街、網走から

美味しいビールのご紹介です。なだらかな丘陵に畑が連なり牧場も

果樹園もあり、オホーツクの豊かな海の恵み溢れる街、網走。

地域の特産品を生かした、本当の意味での地ビールを作り続けている

「網走ビール」さん。網走にお出かけの際は地元の美味しい海の幸や

大地の恵みと共に味わってみてください!!

 

こちらは「ABASHIRIプレミアムビール」

網走産麦芽を使用し自家焙煎により旨みをさらに引き出すことで

苦み・香り・甘みのバランスがとれたビール♪

(撮影協力/ Trattoria da Okumura 札幌市中央区南2条西4丁目 乙井ビルB1)

 

ほかにもオホーツク海の流氷を仕込み水に使用した

青い発泡酒「流氷ドラフト」も♪

オホーツク海の流氷を使った発泡酒。

きめ細かな泡はほんのりブルーでまるで海に浮かぶ流氷のようです。

 

他にも世界遺産知床の新緑の季節をイメージした「知床ドラフト」、

網走監獄をイメージした「監極の黒」、網走さくらんぼを使用した「桜桃の雫」や

網走産秋播小麦〈きたほなみ〉を使用した「ABASHIRI White Ale」等

多彩なラインナップのビールと発泡酒が揃います。

Webからも注文できますので是非お気に入りの一杯を見つけてくださいね。

 

YKINIKU網走ビール館では地ビールと共に網走和牛も楽しめます。

●「網走ビール」Webサイトはこちら

北海道最古の酒蔵で作られた「ゆわみさわ」をどうぞ♪

2017/12/07 ブログ

こんばんは!

先週、風邪で体調を崩し、ガラガラ声の木村です。

今日も最高気温マイナス2℃の札幌です(>_<)

皆様も体調くずしませんようにお気をつけてくださいね。

本日はクラウドファンディングの返礼品にも採用させていただいた

「ゆわみさわ」という日本酒のご紹介!

岩見沢市のみで生産された酒造好適米「彗星」を

原料につくられたお酒です。

「彗星」道立中央農業試験場岩見沢試験地で開発された酒造米。

その誕生をきっかけに「地元の酒を造ろう」と市や農協などが

「新酒開発業議会」を立ち上げ北海道で現存する最古の酒蔵、

小林酒造が醸造を担当。北海道の栗山町にある小林酒造の蔵は

夏でも15度以下を維持できる特殊な蔵。道産米にこだわり酒造りを

続けています。

 

内地米(山田錦)に負けない道産米酒造りを目指してきた小林酒造さん。

百余年の技と北の大地が育んだ「ゆあみさわ」は口当たりがよく

芳醇な味わい。

 

今の季節、し~っかり味がしみたアツアツおでんと一杯♪

なんていかがですか?

 

クラウドファンディング15,000円のリターンでは台湾から直輸入の

カラスミとセットでお届けしまよ!

こちらのマリアージュもテッパンですね。是非ご堪能ください。

 

★☆ご支援どうぞよろしくお願いいたします!☆★

クラウドファンディング受付中1/31(水)まで

 

 

 




おしゃれな昆布♪

2017/12/17 ブログ

皆さんこんにちは。HIDO事務局の木村です。

現在、開催中のクラウドファンディング、

徐々に皆様からの支援が増えてきました!嬉しい限りです。

ご支援いただいた皆様、本当にありがとうございますm(__)m

受付は1月末まですので引き続きよろしくお願いいたします。

 

本日はクラウドファンディング14,000円のリターンに

採用させていただいたナナクラ昆布さんのご紹介です。

昆布漁をしている家に生まれ家業を何かの形で残せないか?

そんな思いからナナクラ昆布を立ち上げた代表の木村麻依子さん。

「自分の体が動かなくなったら昆布の商売を辞める」祖父の口から

そんな言葉を聞き、新しい需要をつくる為みついし昆布の

商品化をはじめました。

ナナクラ昆布の「ナナクラ」とは、家業の屋号である「木村七蔵(しちぞう)商店」から取って付けたもの。

 

漁で採った昆布は一枚一枚丁寧に並べられ完全天日干しで乾燥させています。

 

クラウドファンディングの返礼品で用意している特選3種セットは

一等級の昆布、根昆布、細昆布のセット商品です。

パッケージにもこだわったこちらの商品は贈り物としても

喜んでいただけそうです。

北海道の海と太陽の恵みで育った昆布。代表の木村麻依子さんの思いも乗せてお届けします。

毎日の献立にお役立ていただけるひと品です。

★☆ご支援どうぞよろしくお願いいたします!☆★

クラウドファンディング受付中1/31(水)まで

2 / 212

ページの先頭へ戻る